現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

Airbnb大家の会とは

TOP > Airbnbとは

Airbnb(エアビーアンドビー)とは、米国Airbnb社が行う、
オンラインの民泊仲介サービスです。

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

空き部屋の物件を持つ提供者(ホスト)と、宿泊場所を探す旅行者(ゲスト)をつなぎます。

ゲストの利用はとてもシンプル。
部屋タイプ・宿泊可能人数などの条件や、検索結果の宿泊施設のことを「リスティング」といい、自分に合うリスティングを携帯やタブレットなどで探して、旅をするのです。

ホストは、物件を持っていれば、個人でも簡単に、空き部屋を宿泊施設として掲載することが出来ます。
宿泊料の設定は自由。ゲストにとって魅力的なリスティングにすることで、宿泊の予約は世界中から入ってくることになります。代行業者に依頼すれば、日本語が話せない外国人にも対応可能です。

Airbnbは、すでに190超の国々で展開し、34,000以上の都市の宿が紹介している、登録無料のコミュニティーサイトです。
世界でAirbnbを利用したゲスト数は6,000万人超、2015年の日本での経済波及効果は2,200億円を超えました。

旅行者(ゲスト)は、なぜホテルよりもairbnbを選ぶ?

〜Airbnbのコンセプトは、「暮らすように旅をしよう」〜

圧倒的な違いの1つは、現地に住んでいるかのような旅を手にいれられることです。
民泊であれば、ホテルよりもリラックスしながら、ローカルな魅力をダイレクトに感じることが出来ます。

また、実際にAirbnbを利用したゲストの多くは、よくある「観光」よりも、その土地ならではローカルな体験をしたいと答えているので、
マンション・アパート・一軒家など、その街にある建物なら、中古でも充分に魅力ある物件に変えられるのです。

Airbnbは、宿泊施設の掲載・発見・予約まで、サービスの使いやすさから、2008年の設立から信頼性の高い市場へと成長しています。
ホテルに比べ、比較的リーズナブルに利用できるAirbnbの利用は、今後も増えると予想されています。
宿泊場所の提供者としてホストになれば、物件の空室率をさげることも可能です。
また、日本人の国内利用のほか、長期休暇を使って旅をすることが多い訪日外国人による稼働率アップが期待出来るのも大きな魅力です。

世界が沸騰!不動産投資の新しい潮流!
Airbnb投資

Airbnb投資が高利回りのワケ

不動産投資の基本。
提供サイクルを細かく分けるほど、利回りはあがります。
〜平均利回り28%という高利回りのからくり〜
「4LDK・ファミリータイプ 家賃18万円」よりも、「狭いワンルームを4つ(6万×4部屋=24万円)」で貸した方が、利回りはあがります。ここ最近増えたシェアハウス投資が、この理屈ですね。
似たような理屈で、一ヶ月10万円で賃貸するよりも、ウィークリーで4万円×5週=20万で貸すと、利回りは倍になります。
Airbnb投資は、IT技術の発展で、今まで実現出来なかった、一部屋を一日貸し、しかも一度に複数人に貸すことが出来るので、利回りが高いのです。

世界が沸騰! 不動産投資の新しい潮流 Airbnb投資は超ローリスクハイリターン 不動産投資の大革命です!

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら