現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > ホスト座談会 > ゴミや布団干しはどうする!?

ゴミや布団干しはどうする!?

2016/06/10 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

【出席者】

ホストAさん(京都市)

ホストBさん(福岡市)­­­­­

ホストCさん(大分県別府市)

 

A 準備が終わって稼働し始めると、新たなやるべきことも出てきますね。例えば遠隔地の物件の場合、ゴミはどうするの?という素朴な問題が出てきます。基本的に分別ゴミ箱が置いてあって、ゲストはそこに入れて、そのまま帰るんですよね。

 

B 夏場は特に臭いが気になりますからね。代行業者さんが1回1000円くらいで持ち帰ってくれるというオプションサービスもあって福岡ではそれができます。ただ未対応のエリアもありますので、そのときは一時保管をバルコニーなどにして、定期的に処理しに行くしかないのかな。

 

C シャンプーや洗剤などの補充は?

 

B 1回ごとの容器への補充は代行業者がしてくれるサービスがあります。補充用のストックはまとめ買いしていますが、そのストックがなくなると代行業者が買い足して、実費請求されることになっています。あと、シーツの洗濯は代行業者がしてくれますね。

 

C 別府にはそのサービスがないので私は自分でしています。

 

A ほかに定期的に布団を干すのも自分たちでやらないといけませんね。

 

B 布団乾燥機があるといいんですが。

 

C 布団は湿気を飛ばしてふっくらさせるとやっぱり気持ちいいですよね。

 

A ただ紫外線の出る掃除機型のでは布団にいるダニが死なないという実験結果があるみたいです。あと、ゲストにタオルをいっぱい持ち帰られた例もあるそうだね。

 

C そういうゲストは悪い評価を付けられて、次が泊まりにくくなってきますよ。

 

A 代行業者さんに5物件も頼んだら月に25万円ほど清掃費がかかってしまって、1人雇えるくらいの金額になるんです。

 

B それから毎回の清掃は普通の掃除なので代行業者さんに頼めますが、特殊清掃とか大掃除もありますね。あと、何年か経ったら家財にかけている保険の更新もあって、そういうことはホスト自身がしないといけませんね。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら