現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > ホスト座談会 > 見過ごせない「立地」

見過ごせない「立地」

2016/06/17 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

【出席者】

ホストAさん(京都市)

ホストBさん(福岡市)­­­­­

ホストCさん(大分県別府市)

 

A 民泊は厳密にいうと法的にグレーな状態で始まったのですが、少しずつ法制化の動きが出ています。現行制度の枠組みでの対応策も打ち出されています。2016年4月には旅館業法の「簡易宿所」を活用しようと、客室の延床面積の基準が緩和されました。民泊そのものを法制化する「民泊新法」の整備は2017年度以降になりそうです。マイナンバー登録を絡めることが検討されたりして、いろんな動きがあります。合法化を視野に入れたセミナーが各地で開催されていますし、不動産会社さんも情報にアンテナを張っていて民泊への参入が続々と始まっています。

 

C 場所によって多少の温度差やばらつきがありますね。

 

A ここで立地の話をしましょうか。

 

B 福岡では博多、中洲、天神の本当に人の多いエリアでスタートし、家賃10万円程度の物件をいくつか提供しています。最も稼働しているのは、意外にも天神ではなく、博多駅からキャナルシティにかけての物件なんです。実際にやってみると次第にゴールデンエリアが見えてきたという感じです。

 

A Airbnbには一般的に、駅から10分以上かかる場所や、そもそも外国人観光客がいないようなエリアは向かないといわれます。代行業者さんは今までの代行物件データを精査して、エリアや間取りに関して親身にアドバイスしてくれるので助かりますね。Cさんの別府の物件はいかがですか?

 

C 別府駅から徒歩4分くらいの一軒家です。まずまず好調な予約状況で、外国人観光客のゲストさんも多いです。

 

A 私の京都の物件はいずれも二条駅から徒歩圏内です。ほとんど代行業者さんに丸投げの状態で準備しました。

 

B どんな物件ですか?

 

A 1軒は2階建ての一軒家で、京都の街なかにしては珍しく家賃10万円という破格な賃料。8割ほど埋まれば月48~50万円くらいの宿泊料収入になります。家賃、光熱費、手数料を引いても月25万円ほど手元に残ると思います。

 

B 稼働率がとてもよさそうですね。

 

A 代行業者さんが提案してくれた物件で、家具の設置などもすべてお任せました。不動産の初期費用は70万円くらい。代行業者さんに15万円くらい支払っています。

 

C ほかにおもしろい物件はありますか?

 

A いかにも京都らしい物件がありますよ。もともと京都の旅館だった建物で、いわゆる京町家です。中庭があって、とても素敵な雰囲気です。8部屋ある大きな建物で、月の賃料は45万円と大きいです。代行業者によると少なくとも月100万~130万円くらいの利益になるだろうという試算でした。初期費用は不動産会社に70万円弱。内装に125万円+税と、リノベーションにお金がかかっています。200万円を回収するのに10カ月くらい必要ですが、今のところ予約が多く、注目しています。

 

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら