現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > トピックス > Airbnbの無許可無届物件民泊の6月15日以降の予約済はどうすればいいの? 〜とんとんまさとんブログ

Airbnbの無許可無届物件民泊の6月15日以降の予約済はどうすればいいの? 〜とんとんまさとんブログ

2018/05/19 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

こんにちわ!遂に6月15日から民泊解禁ですね。この法律は喜んでる人も泣いてる人も半々ぐらいじゃないでしょうか?とんとんは後者です。そして、気になるのは既に予約が入ってるゲストはどのようにすればいいのでしょうか。気になりませんか?色々調べてみたので共有したいと思います。

 

ネットで色々検索してみた。

 

 

  

調べたところ、6月15日以降の予約は強制的にキャンセルさせるようです。非掲載後の予約をそのまま放っておくと、2回目以降のキャンセル料として、チェックイン7日前までのペナルティ50ドル、チェックイン7日前を切ってからのペナルティ100ドル請求されます。


AirbnbのQ&A

 

AirbnbのQ&Aを見ると、受取額から引かれると書いてありますが、6月15日以降は非掲載後なので受取額は無いのにどうするんだろう?とは思いますが。ホストの登録時に運転免許証などの提出があったので直接請求されるのかもしれませんね。
さらに調べると、予約を放置しておくと、もしかしたらゲスト側から訴訟を起こされる可能性もあるようです。外国は訴訟社会ですから日本よりはハードルが低いですし、楽しみの旅行を壊されたわけですから訴訟レベルかもしれません。

 

Airbnbに問い合わせをしてみた。
色々検討した結果、届出が出せそうにないので、6月15日以降の予約対応について問い合わせしてみました。
電話編
+81 800 100 1008(フリーダイヤル)←ここにかければ繋がります。
一回目:プルル、プルル、「Hello~なんちゃらなんちゃら」外国人のカスタマーが対応してくれました。ビビッて即切り・・・
二回目:また外人。
三回目:またまた外人。
そーゆうことね(笑)って感じでした。
メッセージ編
最初に日本語でメッセージを送ったところ、返事が返ってきませんでした。
Hello! You will not get permission. I will quit my private night at the end of June. I received a declaration that I will not post it on June 15th. However, reservations are in place until the end of June. What should I do?
内容的には、「届出が出せない。しかし、6月末まで予定が入ってます。どうすればいい?」って感じです。

英語で送ると5分後ぐらいに返事が返ってきました!

 

Thank you. Is there someone who can correspond in Japanese?
こんな感じで質問すると、しっかり日本語対応をしてくれました。

 

Airbnbの対応は?


6月15日以降には民泊を辞める人には朗報かもしれません。
Airbnbの対応としては。
民泊新法の施行に伴って閉鎖する場合は。


キャンセルのペナルティーを免除!(条件は下記を見てください)

 

いつもホスト様としてたくさんのゲスト様に素敵なお時間をご提供頂きまして、誠にありがとうございます。
この度は、民泊新法の施行に伴いまして、リスティングを閉鎖しなければいけないとお伺いし、ま○○さまにおかれましては、大変ショックで残念なお気持ちでいらっしゃることと存じます。
素敵なリスティングでございますので私もとても残念に思っております。
私共の方でキャンセル及びペナルティの免除をさせていただきますので、下記につきましてご協力いただけますようお願いいたします。
1)ゲストさまにメッセージスレッドにてキャンセルの旨をお伝えいただく。
2)キャンセルご希望のゲストさま名、チェックイン日、ご予約コードをメッセージなどで私共にご連絡いただく。
以上を確認させていただきましたらできるだけ早く手続きさせていただきますのでご安心くださいませ。
それでは、○○さま、本件は一旦クローズとさせていただきますが、ゲストさまにご連絡いただきましたら詳細を今回のようにメッセージでお送りいただけますと幸いでございます。
何かご不明な点等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡下さいませ。
カスタマーサポート【24時間(日本語対応 / 8:00~21:00)】
国内より(無料)0800-100-1008
国外より(有料)+81 3-4580-0999

 

まとめ


正直とんとんとしては助かりました。6月末ぐらいまで予約済みのゲストぐらいは対応しても良いだろうと安易に考えていたので、これでキャンセルペナルティーがかかったら大変なことになると予測していました。
とはいえ、ゲストには申し訳ない気持ちでいっぱいです。せっかく計画を立てて予約をしてくれたゲストたちにキャンセルしてもらわなければならないと思うときついですね。
違う部屋を探して、なるべく迷惑がかからないように努めたいと思います。

 

編集部より:この記事は とんとんまさとんブログ 様の2018/05/15の投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら