現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > ニュース > アパマンショップが民泊事業参入!個人ユーザーVS企業の時代へ?〜エアログ

アパマンショップが民泊事業参入!個人ユーザーVS企業の時代へ?〜エアログ

2017/09/02 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

こんにちわ。
Airbnb(エアビーアンドビー)おもしろブログ、エアログのるってぃです。

色んな意味で盛り上がり続けるAirbnb(エアビーアンドビー)にびっくりニュースです。
今年の夏以降から東京を中心に爆発的にユーザー数が増えていたAirbnb(エアビーアンドビー)に、ついに企業が乗り込んできました。
しかもみなさんもご存知、アパマンショップです。

アパマンショップといえば2015年9月の連結最終損益が37億円の赤字となると発表し、「そろそろやばいんじゃねえか」感を匂わしていました。
そんなアパマンショップが11月17日、12月から民泊業に本格的に参入していくことを発表。

2701

内容としては主に、契約期間が7日~30日未満の短期賃貸と、1ヶ月~12ヶ月程度の中期賃貸。
最近では東京の大田区が国家戦略特区として条例が可決されるなど、認められた地域からAirbnb(エアビーアンドビー)を用いた事業を展開していくみたいです。

さらにこれだけではとどまらず、アパマンショップのポータブルサイトもリニューアル。
12月のサービス開始に向けて、日本語に加え英語、韓国語、中国語を取り入れ、外国人も物件を探せるように動き出しています。

そしてこの発表から、連日アパマンショップの株価は高値更新を続けてるみたいです。
やったね、アパマンショップ。

ついに不動産を中心とした企業が民泊業に乗り出してきましたね。
まあみなさん当然予想していたことかと思います。

賃貸大手のエイブルもすでに参入を発表しており、TOMARERUという完全にAirbnb(エアビーアンドビー)に対抗したサイトを作成しております。
またもう一つ賃貸大手のミニミニも、もともと家具・家電付きの物件の取扱いに力を入れていたため、ほぼ民泊に近いサービスを展開できる状態にあります。

そして群馬ロイヤルホテルはAirbnb(エアビーアンドビー)自体に掲載していたことで(僕の中で)話題になりました。
地方のホテルはそれだけ予約がはいってなかったんですかね。未だレビュー0ですが。

これからも、不動産・ホテルなどは民泊事業に乗り出してくることが当然予想することができます。
訪日外国人の数はますます増えていくでしょうしね。

そうなった時に問題は個人ユーザーがどこまで企業相手に対抗することができるか、ですね。

企業が物件を展開していくとなると、完全に事業として行っていない個人ユーザーは相当厳しくなってくるのでは・・・と思います。
そもそもの体力(資金力)の桁が違いますもんね。

ではどう対抗するか?
色んなホストさんと話す中で現在思いつくのは、やはりサービスしかないと思います。

そのホストにしか提供できない特別なサービスをブランド化すれば、企業が参入しようとも、競合の物件が増えようとも、戦うことができると思います。
まあそのサービスの内容が難しいんですけども。

それか、とにかく良いサービスを提供して満点レビューを数百レベルで今から貯めればいいのではないでしょうか。
本格的に企業が乗り出してきた時に、多くの高評価レビューを持っていれば十分戦えるかと思います。

はたしてこれからの民泊業はどうなっていくのでしょうか。
僕個人としてはとても楽しみであります。

みなさんはどう感じ、どう対抗していきますか?

エアログのフェイスブックページはこちら。「いいね」してね。

エアログツイッターアカウントはこちら。フォローミー!

エアログへのお問い合わせはこちら。お気軽にどうぞ!

 

編集部より:この記事は、エアログairlog様の投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら