現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > トピックス > 暮らすように旅したい│鳥取県・大山にて、父・娘で滞在したゲストハウス初体験記 Part.2 〜旅館やホテルのネット販売のお悩みやお困りごとをサクッと解決!

暮らすように旅したい│鳥取県・大山にて、父・娘で滞在したゲストハウス初体験記 Part.2 〜旅館やホテルのネット販売のお悩みやお困りごとをサクッと解決!

2018/08/14 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

決まりごとを守れば快適に滞在出来ます!

昨日の続きです。

「暮らすように旅したい│鳥取県・大山にて、父・娘で滞在したゲストハウス初体験記 Part.1」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=24966

先月末に娘と二人で、Twitterで知り合った鳥取のゲストハウス・大山バックパッカーズさん(http://daisen-backpackers.com/)に宿泊して来ました!

【ゲストハウスとは?】
アメニティサービスなどを省いた素泊まりの宿で、海外ではバックパッカー(リュック1つで格安な宿を泊まりながら長期的に旅をする人)が利用する宿として知られています。
個室もありますが、ドミトリーと呼ばれる相部屋を提供しているトコロが主です。

ゲストハウス、泊まった事ありますか?

宿泊した事が無いって方は、今回のBlog記事でゲストハウスを1つの宿泊先として身近に感じて頂けたら嬉しいです。

客室とゲストハウスのルールとは?

今回ボクらが利用させて頂いたお部屋はコチラになります!


とても清潔感のあるツインルームでした。

娘と二人で過ごすには充分な広さですね。


トイレは共同なのですが、ご厚意で唯一トイレのあるお部屋にして頂きました。
お気遣いありがとうございます!


そして前回も書きましたが、ゲストハウスはホテルや旅館とは違いますので、快適に過ごすにはある程度の決まり事があります。


でもかと言って、そんなに気難しいモノでは無く…。


コレってごくごく当たり前の事ですよね?


コチラの大山バックパッカーズさんでは客室内の飲食は出来ませんので、どうしてもって方は1Fの共有スペースで済ませましょう!

さいごに

夜が更けて来たので、オーナーのMiyukiさんから教えて頂いた皆生温泉(http://www.yonago-navi.jp/onsen/summary/)へお出かけする事にしました。

皆生温泉は大山バックパッカーズさんから車で約25分。

って言うか皆生温泉は鳥取県・米子市になるので、結構都会のようです。


街に向かう途中の風景…。
ココに来なきゃ見れなかった、幻想的でキレイな夕暮れでしたね〜。

娘と米子市内に行って、温泉に入ってお寿司を食べて来ました。


この日は長距離運転だったので、助手席に乗ってるのも疲れたかな?

個人的な事なのですが、我が家は週末婚で週末だけの父親なので 普段中々ずーっと一緒にいられないのです。
なのでたまにこうやって二人で旅行に出られると言う時間は、とても貴重で有り難い事だなぁって感じました。

こうやって、いつまで付いてきてくれるか…
では明日もこの続きを書こうと思います!

(つづく)

※過去の宿泊体験記事はこちら

 

編集部より:この記事は  旅館やホテルのネット販売のお悩みやお困りごとをサクッと解決!     様の2018/08/08の投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら