現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > トピックス > 休業補償付きの火災保険? 〜特区民泊×仕組化運営ノウハウ!ブログ

休業補償付きの火災保険? 〜特区民泊×仕組化運営ノウハウ!ブログ

2018/10/18 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

こんばんは。
特区民泊×不動産のショウジです!

今回は今年多かった、
自然災害に対する策として・・・
「休業補償付きの火災保険?」
というテーマでお伝えいたします。

まず今年は本当に災害が多い年でしたね!

・大阪北部地震(6月)
・豪雨被害(7月)
・台風20号(8月)
・台風21号(9月)
・北海道胆振東部地震(9月)

ほぼ毎月大きな災害があり・・・
私が住んでいる大阪でも、
地震と台風の影響はかなりありました。

そしてこういった天災があった時に、
物件が物理的に被害を受けることも
もちろんあれば・・・
間接的に運営に影響することもあります。

・交通機関が使えず行けなくなった。

・被災してとても宿泊できないので、
全額返金してもらいたい。

・被害が怖いので直前キャンセルしたい。

・スケジュールが変わって、宿泊が必要なくなった。

などなど。
多かれ少なかれこういった影響はありますし、
宿泊業はどうしても影響を受けやすい業種です。

そこで私がお勧めするのは・・・
「民泊事業者向け休業補償付きの火災保険」です!

特に昔から民泊をやっている方は、
当時は許認可が取れないのが当たり前ですが、
物件を借りる場合には、ほぼ取次不動産業者や
管理会社が指定する火災保険や火災共済に
入らなければならないため、
(事務的に入っていた方も多いと思いますが・・・)
民泊対応していないため、
入ってもほぼ使えないものと思いながらも、
加入している方が多いのではないでしょうか?

ただ、ここ1〜2年で合法民泊の流れが来て、
「民泊対応している火災保険」も出て来ましたが、
それでもネットで紹介されている
パッケージの民泊保険は値段が高い上に、
補償内容も微妙なものが多いと感じます。

そもそも保険というのは、
物件や人によって・・・
補償してもらいたい部分が違うので、
一律のパッケージ商品では限界があります。

あらゆることに対応しようとするため、
不必要なところにもかかっており、
実際にほとんど必要ない場合もカバーしようとして、
保険料が高くなっていたりします。

また、逆に万が一に対応できるような
補償が欲しいのにない・・・
という場合もありますが、
私の場合はタイトルにもしました、
『休業補償付きの火災保険』を
付けていたおかげで、
今回の台風などで大変助かりました!

実際、今回の台風21号の時には、
大阪では風がひどく・・・
その影響で運営している物件の1軒で、
『停電』になってしまいました。

当日はその周辺も停電で信号機も
付いていなかったため大渋滞で・・・
普段は10分で行ける道のりを、
裏道を通りながら1時間かけて行き、
ゲストに非常用の懐中電灯など持って行きました。
ただ当日はそれで凌いでもらったものの、
翌日も電気は復旧しなかったため、
ゲストは残念ながら
そこで前倒しでチェックアウト。

そして結局停電は4日も続き、
次のゲストの予約もキャンセルとなりました。

ちーん。。。orz

ただ途方に暮れていたところ、
今回の民泊用の火災保険をカスタマイズしてくれた
保険プランナーさんに相談したところ・・・

「休業補償をつけているので、
停電していた期間については、
1日1万の補償が出ますよ」

とのお言葉をいただき、
4日間の停電だったので・・・
免責となる1日を差し引いた3日間、
合計3万円の補償を受けることができました!

また他の友人のケースでも、
民泊運営している物件のバルコニーに、
近隣からのトタン屋根が飛んで来て、
危ないために運営が中断。

トタン屋根によって壊れたバルコニーの修理は、
近隣の方がしてくれるそうですが・・・
通常ならその間営業ができないのを、
泣く泣く待っているだけですが、
この「休業補償」をつけていたので、
バルコニーの修理が終わるまでは、
1日1万の補償が付くようです!!

また休業補償だけでなく、
私の場合は物件も保有していましたが・・・
それも目一杯、火災&地震保険に入っていたので、
6月の大阪北部地震では一部損が認定されて、
すぐに補償額の5%が振り込みされました。

なので災害が多かった本年ですが、
保険にしっかりと入っていて良かったと
実感した年でした!!

そんな火災保険ですが、
パッケージ商品ではなく、
それぞれの物件ごとに見積もりを
取ってもらうものなので、
少し手間がかかりますが・・・
興味ある方いらっしゃれば、
私がお世話になっている保険プランナーさんを
紹介できます。

ちなみに物件によりけりですが、
私の加入している例としては・・・


・鉄骨造・築10年ほどのマンション1室
→→ 6220円/年

・木造・築古の戸建
→→ 18030円/年

と、下手な民泊保険よりもずっと安く、
補償内容も充実してます。

ただ、各所で言われていますが・・・
おそらく今年の災害続きで、近い将来
火災保険や地震保険は値上げが予想されます。

そして自動車保険と違い・・・
事故(保険請求)しても
掛け金が高くなることはないので、
早い段階で、充実した補償の火災保険に入っておいて、
いざという時に備えておくことは大事です!!

なのでまだ民泊に対応した火災保険に
入っていなかったり・・・
休業補償付きの火災保険に興味ある方は、
次のLINE@に登録して、
「火災保険の相談」と連絡頂けば、
少し時間かかるかもしれませんが、
保険プランナーさんをご紹介しますので、
私の方まで一言ご相談くださいませ!

『合法民泊×融資で飛躍する方法』
https://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fline.me%2Fti%2Fp%2F%2540arayama&h=AT2LZgLp6vQxv1JuX2HMWGjWAxQ4B7uj_KyQE02W-56QjubTi7XMqLag7TUffej4hAr-HwDeBHv4Z_sWAihl_pizDPSMrfRiPIGvgbTJrM7z_ycfbOxluUIj7PZHieM1D7NMG4D0-w">http://line.me/ti/p/%40arayama

 

LINE登録後に、
「融資レポート」の一言で無料配布してます!

PS.

先日の民泊EXPO@大阪後に、
民泊物件保有or資産3000万以上という
参加条件付けたシークレット飲み会を
企画したところ・・・
なんと予想外に25人も参加ありました!!

 

 

そこで自己紹介をそれぞれ
していただきましたが・・・
私も知っている方が多かったものの、
逆に意外な一面や改めて凄い部分など聞けて、
自己紹介で1時間もかかりましたが(笑)、
とても面白い飲み会になりました!

 

 

私もいち民泊プレイヤーとして、
運営しながら物件を購入したり、
セミナーやコミュニティー運営もしてますが、
違う分野ですごい人がたくさんいらっしゃるので、
私も大変影響を受けました。

 

合法民泊はまだまだ可能性あるので、
ブレーキをかけず、
ガンガンやっていきたいと思います!!

 

↓近日開催予定のセミナーはこちら↓


○10/20(土)広島セミナー
○11/4(日)東京セミナー
https://goo.gl/xvSydU

 

↓ぜひ、応援よろしくお願いします!!↓

 

 民泊・Airbnb ブログランキングへ

 

編集部より:この記事は   特区民泊×仕組化運営ノウハウ!ブログ   様の2018/10/12の投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら