現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > ニュース > 合法民泊にはどの様な建物が適しているのか (簡易宿所のはじめ方 その2)〜教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方

合法民泊にはどの様な建物が適しているのか (簡易宿所のはじめ方 その2)〜教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方

2017/01/19 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

こんにちは、合法民泊(簡易宿所)コンサルタントの三浦剛士です。 

建物によっては、旅館業の許可取得が出来ません。
空き家が見つかったからといって、どんな建物でも出来る訳ではありません。

その理由は、消防の条件が定められているからです。
建築物は、住居系(住宅、共同住宅、長屋など)と、事業系(特殊建築物など)に区別されます。
この2つの差は、大きいです。※消防のことだけではなく、他の分野でも異なってきます。
3階建ての非耐火木造では、許可取得はほぼ無理です。

では、どのような建物が旅館業(簡易宿所)に適しているのか。
それは、木造の2階建てです。
行なう合法民泊の規模にもよりますが、新築にしても中古建物にしても、この規模が適しています。
3階建以上の建物で許可取得したい場合は、耐火建築物である証明が必要になります。

つまり、合法での民泊投資を行なおうと考えている場合、木造の2階建ての規模で行なうのが適しているということです。
IKDY4Z0B

 

編集部より:この記事は、教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方 様の2016年12月8日投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら