現役Airbnb投資家が有益情報を提供! Airbnb大家の会 会員募集中!

不動産業界専門企業が運営するAirbnb投資・民泊サイト-Airbnb大家の会

民泊NEWS

TOP > ニュース > 民泊新法 宿泊日数の把握方法とは?〜教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方

民泊新法 宿泊日数の把握方法とは?〜教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方

2018/01/13 Airbnb大家の会

SHARE
facebook
twitter
LINE
Google+

こんにちは、合法民泊コンサルタント三浦です。

民泊新法は上限日数が180日とありますが、どのように把握するのかが気になるところだったと思います。国土交通省と厚生労働省からガイドラインが策定され、その内容が分かってきました。
下記が、おおまかな内容となります。

把握の方法は、*1「住宅宿泊管理業者」と*2「住宅宿泊仲介業者」ダブルチェック
・仲介業者には旅行者を宿泊させた日数などを半年ごとに観光庁に報告
・民泊サービスの提供者には2ヶ月毎の報告を義務付

*1民泊サービスの提供者、家主不在型の民泊物件を管理する「住宅宿泊管理業者」→運営代行会社など
*2宿泊者と民泊サービスの提供者を仲介する「住宅宿泊仲介業者」→Airbnbなど

 なお仲介業者には民泊サービスの提供者が都道府県などから交付された届出番号を確認するとともに、番号を仲介サイトに掲載することになりそうです。これにより違法民泊が掲載されることを防ぐということになります。
29


運営ノウハウを知りたい方のためにブログを公開中!   
https://co-reception.com/
 
 
編集部より:この記事は、教えて民泊先生!民泊で行う不動産投資のはじめ方 様の2018年1月5日投稿を転載させていただきました。

最新の記事

記事一覧へ

INFORMATION

カテゴリ

アーカイブ

2018
2017
2016

Airbnb大家の会ライター募集中 詳しくはこちら